31歳、洋服の選び方。が変わりました。

売ること・再利用を前提に買うようになった

最近服を買うときは、自分でルールを決めてます。

  • 定価がめっちゃ高いものはまず、中古で買う
  • そこそこ高いけど、一目惚れしたものは迷わず新品を買う。
  • でもメルカリとかZOZOとかで売れるものを選ぶ。
  • 売れないものはユニクロのリサイクルボックスに持ってく。
  • 靴はオリエンタルトラフィックで買う。
  • 履かないものは下取りに出してクーポンにする。

つまり、服を捨てないっていうのを意識して買うようになりました。服を捨てる罪悪感って半端ないです。こういう風に自分でルールを決めると余分なものを持たなくてよくなるし、ちゃんとサイクルを回すクセがつきました。

そうすると、たいてい”飽きる”のは適当に買ったものだった

まぁ適当に選ぶってことはあんま、ないんだけど、”うーん、なんとなく必要だし、安いし、買っとくか”ってなると、たいてい飽きるのが早い。一方で、一目惚れでどうしようもなくほしいと直感で思ったものは10年着てるもの、履いてるものもある。自分がものを大切にする癖とかハマるポイントをちゃんと知ってると、何が無駄で何が本当に必要かわかってくるなと。自分ルールは自分と向き合うことであります。

この記事を書いた人

ami
amiファッション・旅行・通販が好きです。

みなさんのライフスタイルの「選び方」のヒントになるようなレビューサイトを目指して頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です