コラム|育休中に変わった”時間とお金の使い方”

育休が明け、いよいよ2年ぶりの復職。
この育休中、個人的に「変えた」ことは、「目標」「お金の使い方」「時間の作り方」。
「変わったな」と思ったのは「完璧主義じゃなくなったこと」「人を妬まなくなったこと」。

個人的に変えたことその2|やりたいことは是が非でも時間を作る

復職後の出勤時間は5時間で、お昼休憩はありません。

目の前の生活のことを考えれば、週3はリモートワークなんだし、極力フルタイムに近い時間で働き、保育園にはギリギリで迎えにいく、というのもできたと思いますし、その方がお金も貯まります。

でも、私はこの育休期間中に「フリーランスになりたい」という気持ちが最高潮に達しました。いえ、もうなる準備をしよう、と決めました。

具体的には、このブログで広告収入を得ることなんですが、今の収益は月間100円にも満たないです(笑)それでも、自分が得意な「地道に変えていく」というプロセスを辿って、間違いなくフリーランスになろうと決めています。

慣らし保育も、意識的に最長期間取れるようにして時間を作りました。そしてひたすらブログを改善してきました。

この明確な目標ができたからこそ、「5時間勤務以外、保育園のお迎えまではフリーランスの準備に充てる」という具体的な時間の使い方が見えてきたのです。

個人的に変えたことその3|お金の使い方

時間に伴い、お金の使い方も大きく変わりました。

独身の時は、自分だけに使えるお金がほとんどだったので、欲しいものはあまり我慢せずに手に入れてきました。ただ、それが今も何か手元に残っているものがあるかと問われると、そのほとんどを引っ越しと共に手放してしまいました。

じゃあ今はお金をほとんど息子くんのために使っているかというとそんなこともありません。

「必要なものを必要なタイミングで買うこと」がスキルとして身についたように思います。具体的には、

「出産前に色々口コミだけで買いすぎない」
「不安だからとストックを早めに買い過ぎない」
「必要なものは貯金を崩してでも長く使えるものを買う」

です。

ストックって早く買いすぎると家計を圧迫したり、物によってはかなりスペースを取るんですよね。

ちなみに、「安いからとりあえず買ってみる」は個人的には悪ではなく、「使うかどうかを安いもので見極める」という判断をしています。ただ相変わらず「一生使えるもの」というのは飽き性の私にとっては難しい判断です。

慣らし保育期間中は、「まとまってお金を使うタイミングはしばらくないだろう」と思って、これを機会に独身時代に貯めたお金でパソコン、インスタグラムの投稿に必要な撮影用のインテリア、作業机を購入、いつでも自信を持って人と会えるように、年相応のメイクと美容にお金をかけました。

どれも復職前にやっておいて正解でした。

結婚・離婚・再婚を経て、現在ひとり息子のママです。自分の記録のためのブログですが、同年代のライフスタイルの「選び方」のヒントになるようなレビューサイトを心がけています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA