クリスマスのプレゼントに”銀座のジンジャー”

結婚して離れてしまった友達や、感謝を伝えたいあの人、いつも話を聞いてくれる先輩。
今年お世話になった人に、”ちょっとセンスのいい”クリスマスプレゼントはいかがですか?

「生姜好き」に送る銀座のジンジャーの生姜シロップ

私がプレゼントした”銀座のジンジャー”のジンジャーシロップ。
こういう好き嫌いが別れるものは、あらかじめ「好きなんだな」という確たる事実をリサーチすることは大前提ですが、好き嫌いが別れるからこそ、「好きなものを覚えててくれた」という印象も強く残ります。
私が贈ったのは、いつも仕事を頑張ってる後輩です。一生懸命相談してくれ、熱心に私の話を聞いて、悔しさをバネにして日々邁進している姿勢。
「生姜のミルクティーいいですよ~」とむくみに悩む私に教えてくれたことがあって、彼女の「生姜好き」がインプットされました。
ミルクティーと言っていたので、”北海道ミルク”(200ml/756円)にしたよ。

そして私もチャイラテが大好きなので、チャイ・ジンジャーシロップ(200ml/864円)を自分用にも買いました。るん。
200mlは毎日1杯ずつ飲んで2週間分、といったところでしょうか。ちょっと濃い目にしたくなっちゃうんですよね~。結構甘いので、無調整豆乳で割って飲んでちょうどよいです。

美味しくてすぐなくなっちゃう。
喜んでもらえてよかった♡


【銀座のジンジャー 】ジンジャーシロップ・チャイ(ラッピング付)はこちら
【銀座のジンジャーはじめてにおすすめ 】ジンジャーシロップ・ドライは
こちら

丸亀名物骨付鳥はダイエット中の女子ひとり旅に最適

ナイツの独演会を香川県丸亀市まで見に行ったんですが、丸亀といえば骨付鳥が有名ということで。行ってきました。

一鶴

骨付鳥のお店は何店舗かあります。今回は有名な「一鶴」というお店でいただきました。丸亀市内にも3店舗あります。本店に行ったんですが、丸亀駅から徒歩5分くらいのところにあったので電車でも行きやすかったです。

店内は2階建で、1階にはカウンターもありました。喫煙席だったので2階の座席にしました。この日実は超絶台風の日で、雨風がすごかったのもあって、店内はお昼時でしたが余裕があるくらいでした。

予約で入ってきた人もいたので、むしろ天気が悪くて早く入れてラッキーだったかも。そうだよね、本店だしね。あとは高松、横浜と大阪にもあるみたい。

まるごと♡ひなどり

メインである骨付鳥には「ひなどり」と「おやどり」があります。

初心者には柔らかいひなどり、上級者や常連はおやどりがおすすめだそうです。私はひなどりにしました。

すごいよ!!このまるごと感。さっそく丸かじり。

皮のパリパリとスパイスが最高です。う〜んこれはご飯がほしくなる。。

キャベツが無料でついてくるので、タレにつけて楽しみます。

スープもいただきました。

骨付鳥、キャベツ、サラダ、スープと品数を多めにしたのと、骨付鳥1つで結構なボリュームがあるので、ごはんがなくても満足感があります。ほんとはとりめしも食べたかったですよ泣

旅行来るとどうしてもいろいろ食べ過ぎちゃうんですが、ひとり旅のいいところは自分で食べるものを選んで制限もできるし、逆にそればっかり食べたりできること笑

骨付鳥は鶏なんで、食べすぎも気にせず堪能できました♡

山梨といえば”奥藤”の蕎麦

山梨で”小作”と並ぶ有名なお店といえば、”奥藤”です。”おくとう”と読むみたいです。

奥藤も駅前の他に数店舗あるようで、今回は石和温泉駅近くに行きました。

昼時は長蛇。でも割と待たない

小作のときも長蛇の列に驚きましたが、奥藤も負けません。3連休は石和温泉への観光客やバイカーも多いので、入口で待ってる人でごったがえしています。日曜の13時とこれまたお昼時だったので。待ってる人は約10組。小作と同様、相席が前提のスタイルです。座敷にしろテーブル席にしろ、雰囲気が出来上がってるので相席がいやだなぁという印象はありませんでしたよー。

そば食べ放題でも1回しかできない(31歳)

2人で行って鳥モツ定食と天ぷら定食を注文。なんとお蕎麦はおかわりし放題。ざる4枚で約1人前ということで、最初から1枚にプラス4枚分をつけることができます。あとは自由におかわりできるそうですが、やっぱり31歳には最初の4枚すらきついという悲しい結果に。いや本当に美味しいのに…。これにごはんと天ぷらは20代なら5分で平らげた自信がある。鳥モツも定食についてくる量としては充分過ぎるくらいで、2人で食べても満足です。

混んでても大丈夫!山梨来たら小作でほうとう

山梨の名物といえばほうとう。かぼちゃを甘く煮込んだ濃い味の汁を太い麺にからめていただきます。野菜やきのこもボリューミィで満足感間違いなしの郷土料理です。

ほうとうといえば”小作”

というお店がもっとも有名らしく、駅前以外にも観光スポットに何店舗かあります。私は河口湖の店舗へ。店内に入ると待ってる人でごったがえしていて、並ぶ?どうする?という声が聞こえてきますが、案外回転率がいいことに気づきました。

相席が前提になった店内の席配置と厨房のコンロの数。なんとも合理的で面白かったです私たちの前に10組以上並んでて、かつ団体11名なんてのもいたのに、30分待たずに案内されました。この日は3連休初日の19時くらいだったので、ちょうどみんな夕飯の頃だったと思います。

1人ほうとうはきつかった(31歳)

店内結構若い人の団体が多くて意外でした。大学のサークルみたいな人たちもいましたし。カップルもいました。おばあちゃんとかほとんど見かけませんでしたね。車のナンバー見る限りほとんどは他県からですね。そらそうだ。

私は鴨肉のほうとうをいただきました。土鍋いっぱいに来たんですが、31歳にはとてもとても大変でした。ほうとう、かぼちゃ、芋、汁も濃いめ、と最近さばの塩焼きにハマってる私には結構序盤から効きました。とても美味しいんですけどね。やっぱり大学生はみんなキレイに汁までたいらげてました。

一緒に来てた相手が天重を頼んでくれてよかったです。30歳になったら無理せずほうとうは1つ頼んで半分ずつがおすすめです。

宮崎に出張

仕事で宮崎に出張に行く機会がありました。しかも1泊の弾丸です。どうせなら観光でもしていきたかったですが。。

今回は出張手配と楽しみ方笑をご紹介します。

宮崎出張のスケジュール

【事前泊】

16時 仕事終わりにそのまま羽田空港へ

19時 宮崎へ向け出発

21時 宮崎到着

22時 ホテル到着

【翌日】

10時 チェックアウト

11時〜 仕事

14時 終了

15時 フルーツパーラーおおの

17時 宮崎空港到着

19時 東京へ向け出発

21時 東京到着

宮崎ビジネスホテルの選び方。

東京→宮崎へは飛行機。

  • 空港から30分〜1時間圏内
  • 仕事の現場からもそこそこ近い

が基準。

ドーミーインは出張の強い味方だった…!

選んだのは、宮崎駅から徒歩だと大体20分前後のところにあるドーミーイン。宮崎空港→宮崎駅は大体分でいけるので、21時に宮崎空港について、チェックインは大体22時過ぎでした。空港出てから1時間ほどで到着なら全然ラク。東京だと羽田空港→新宿とか結構かかりますからね。

ドーミーインの選んだポイント

  • 大浴場がある
  • とにかく清潔感
  • 高級感
  • リラックスできる空間
  • 明るい市内にある

部屋は広くはないんですがものすごく清潔感とリッチ感がありました。

ベッドの横にクローゼットがあるのは個人的に使い勝手がよいです。

無駄な廊下とかがなくて、洗面所もすぐ近く。

なにげにブルーや木材がかわいいので、ビジネスホテル感がやわらぎます。

なんといっても大浴場があったのはうれしい。露天風呂もあるんですよ〜。アメニティも充実してるので、化粧品関連は持ってこなくても大丈夫でした。

宮崎といえばフルーツ。

せっかく宮崎来たし、とフルーツパーラーおおので旬のパフェをいただきました。

宮崎は

  • 地鶏
  • 宮崎牛
  • チキン南蛮
  • 冷や汁
  • 辛麺
  • マンゴー

あたりが有名ですよね。食事系は空港でも美味しいものが食べられるだろうと、そこでしか食べれなそうフルーツパーラーをチョイス。

空港でグルメセットを頼んで

やっぱり空港では効率よくグルメを楽しむことができます。宮崎空港3階にある”夢かぐら”というお店で冷や汁定食を注文。チキン南蛮が2個ついてくるという。大満足です。

そのお店でしか絶対食べられないものと、たぶんどこで食べても美味しいものを割り切るのが出張で効率よく楽しむコツです笑。


★「天然温泉 日向の湯ドーミーイン宮崎」の予約はこちら

2日目は仙台 松島へ

2日目:水族館→魚市場→松島→仙台駅

2日目は車で3時間ほどかけて山形から仙台へ連れてってもらいました。

仙台うみの杜水族館

震災の復興後新しく建った仙台うみの杜水族館へ。連休2日目、朝10時の到着時点で少し列ができてました。11時半くらいに見終わって出てきたときはさらに長蛇の列になっていたので、開店時間と同時に入るくらいがあまり混んでなくておすすめです。

見所は大きな水槽。感動です。

水族館で魚を見てると、脳が溶けそうな感じがします。癒されてるってことですかね。

日本三景、松島へ

日本三景の一つでもある松島へ。連休中で駐車場はそこそこ混んでました。細い道が多かったですが、歩道はそこまで渋滞するほど人

多くなかったです。食べ歩きにはピッタリ。

松島魚市場でウニイクラ丼を頂きました。他にも牡蠣を自分でで焼いて食べれたり、ホタテ、牛タン、メカジキバーガーなど、一旦ここに来れば仙台のグルメをまとめて楽しめます。

仙台駅へ

松島で解散だったので東北本線30分ほどで仙台駅へ。仙台に着いたら急に人混みが多く感じられました。ずんだ茶寮のずんだシェイクが大好きで、仙台来るたび行きか帰りに飲んでますね。仙台→東京は1時間半くらい。1泊2日で山形・仙台をぎゅっと楽しめました。次回は釣りに連れってくれるそうなので楽しみ。米沢牛も食べたいな♡


連休にもおすすめの山形旅行

旅行に行くときは空いてれば空いてるほど得した気分になります。

そんなわけで今回は山形に行ってきました。連れてってもらったので車移動です。

ほとんど写真を撮り忘れました。

1日目:蕎麦→山寺→天童→東日本最大規模のイオン→山形牛

蕎麦

山形はお蕎麦が美味しい。山形駅から車で5分くらいのところにある、庄司屋さんで天ぷらと頂きました。撮り忘れました。

山寺

山形と言ったら、の観光スポットは”山寺”だそうです。芭蕉が読んだ”閑けさや岩にしみ入る蝉の声”で有名な句。この山寺の道中にある「せみ塚」で謳われたそうです。

1015段を登ると最後に”奥の院”が拝めます。1015段という前知識がなかったので案外登りやすかったです。大体登って帰って1時間弱、って感じでした。天気もよかったので景色を見ながらいい散歩になりました。

”3月のライオン”の映画で、最後に対決するシーンはここで撮影されたとかぁ…!そこにいちばん興奮しました。

天童

天童は将棋の町らしいです。将棋駒の工場に案内してくれると連れてってもらったんですが、今はかっぱ寿司に変わっていたそうです。残念です。

東北最大規模と言われるイオンへ

アウトレットみたいな土地の使い方をした天童のイオンモールへ。確かにでかかった。入ってるお店も多いは多いですが、道が広いって感じですかね。山寺でよく歩いたのでマッサージを20分ほどしてもらいました。

山形牛

夜は山形牛を頂きました。山形は市の至る所に温泉もあるし、果物が1年中楽しめるそう。春はさくらんぼ、夏は桃、秋はぶどう、冬はラフランス。山形牛・米沢牛とお肉も高級。そして何より嬉しいのが、連休初日にも関わらず観光スポットの山寺も全く混んでない。(東京に比べて)駐車場もほぼ並ばなかったし、山寺に入るのもすぐでした。夜は美味しいものをたべるなら予約必須ですが、今回も賢い旅行で大満足。

チーズのこえ♡

最近チーズが好きです。

週末、チーズ専門店でチーズを買うのが楽しみのひとつです。

清澄白河にある、”チーズのこえ”

ここで2つチーズ買いました♡

ひとつめは、朝ごはんにできるようなのがいいなと店員さんにおすすめを聞いた、ヨーグルトみたいにパクパクたべれる白いチーズです。”チーズ工房タカラ”っていう北海道産のナチュラルチーズ。柔らかくて少し酸味があって、確かに食感も味もヨーグルトみたいです。フルーツとの相性も良さそう。可愛い瓶に入ってタップリ380g!でも賞味期限はそこそこ早かった笑

もうひとつは、大好きなスモークチーズ。こちらも北海道産のナチュラルチーズです。熟成されてればされてるほど、燻製が濃いほど好みです♡食感もモチモチしてて、食べ切ってしまいそう。。クラッカーと一緒に食べたり、カレーに入れたりしても美味しそうです。

休日の、選び方。

最近の休日が充実している。

お気に入りのノートを買い足す

会社で使ってるstalogyのノートをそろそろ使い切るので新調。前回は黄色で今回は水色のハーフ。赤は家でアイディア出したり、日記を書いたりしてます。

浅草で飲む

ホッピー通りで初めて飲みました。夏はビアガーデン!って思ってたけど、ああいうごちゃっとした開放感、下町っぽくてよいですね。意外にトイレも綺麗でびっくり。

寄席を体験

落語ってあんな近くで見れるんだね。チケットを買ったらすぐ会場。演芸ホールと東洋館のちがいすら最初はわからなかった。結果どっちも見たけど、大好きになった。1日中見てられそう。日本の良さを発見する散策が楽しい。

筋トレ・ランニング

パーソナルトレーニングなるものに行きました。正直しんどすぎてこれが限界を超える感覚か!と思いました笑。今まで筋トレは避けて来たので…。でもこんだけのしんどさをスタバのフラペチーノ1杯でパーにするのはあまりにもむなしすぎると思ったら、なんかその日から毎日筋トレが続いています。

続けてると、ちゃんと結果も見えてくる。洋服の着こなしも変わってくるのがわかる。だから辛いけど続けられる。

知らない街を歩く。

休日はできるだけ新しい発見をしたいので、馴染みのない場所に行くことが多いです。最近は浅草、月島、築地、人形町、茅場町、日本橋、笹塚、木場、北参道…たまに羽田空港に行ったりも。大江戸線と浅草線が面白い。

車がない!30分歩くけど!10時間で帯広旅行を楽しむ

帯広を一人旅に選んだ理由
出張でせっかく北海道に来たので、週末は一人旅を満喫しようと。車なら結構遠出したりあちこち行けるものの、免許がないわたしはレンタカーという選択肢がなかったのです。富良野とか函館とかキレイな湖とか、行きたいとこは候補に色々あったんだけど、そういうとこは車がないと全然楽しめないんじゃないかと思ったので、逆に誰かと一緒ならおそらく選ばないであろう帯広を選びました。レンタカー代と思えばタクシーでもと思ったんだけど、徒歩距離が30分程度ならあまり苦じゃないので(よく食うし)帯広スタートで徒歩30分で移動できる距離、かつ夕方くらいまでの帯広一人旅プランを考えました。

スタートは帯広駅。夜中0時に着きました。札幌駅からJRスーパーとかちで3時間かけて。めっちゃ空いてたけど疲れた〜帯広駅すぐのところにある、ホテル日航ノースランド帯広は夜遅くでもチェックインできるので助かりました。お部屋も快適。短時間過ぎてもったいなかった…。
翌日は10時に出発。寝坊しました。
まずはホテルから歩くこと20分。六花亭の帯広本店へ。2階の喫茶店でモーニングのピザ&スイーツ笑(10時半から開店 )ピザはこの日から限定で始まったというズッキーニたっぷりのピザ♡

六花亭でおなじみのバターサンド、アイスがサンドされているのはこの帯広本店、札幌本店、六花の森の3店舗だけ。アイスクリームにホワイトチョコレートが入ってます。右側は「雪やこんこ」というこれも六花亭名物のひとつココアビスケットにベイクドチーズケーキがサンド。名付けて「雪こんチーズ」というメニューでした。店内は白を基調にしていて、あの六花亭の花柄のクッションがテンション上がりました。(クッションカバーはおみやげにも売ってた)

続いて向かった先は、六花亭から20分くらい歩いたところにある、地元のひとからおすすめしてもらった洋菓子店「クランベリー」。狙いはスイートポテト。グラムで値段が書いてあって、切り売りはしておらず、お芋まるまる1本分の購入です。1本まるまるわたしも買ったんですが、どうしてもその場で少し食べてみたくて、買った上で切ってもらいました。皮がいいのよ皮が。いい甘さね。店内に4テーブルほどイートインスペースがあります。スイートポテトは2日くらい期限持つようなので、帰る日に買ってくのがいいですね。

クランベリーから歩くこと30分強。13時頃帯広競馬場に行きました。ここの競馬は「ばんえい競馬」といって、馬がそり(人が乗ってる)をひきながら競走します。これが見てみると結構感動で。ただ速さを競うだけでなく、そりをひきながら障害の山を越えるんだけど、なかなか馬も本領発揮して前に進めないことがあって。全員ゴールしたけど1頭だけなかなか越えられなくてみんなで応援する、なんて場面もありました。

15時半。空港にはバスで向かう予定だったので、17時半までの時間に、これも競馬場から歩いて30分のところにある「弥生の湯」という銭湯にいきました。帯広競馬場から17時24分のバスに乗るので、往復1時間歩いて滞在時間30分と計算してる出発。銭湯行ってきたのになんなら帰りもちょっと汗だく。

17時半に再び競馬場に戻って、帯広空港に向かうバスに乗ります。大体1時間くらいで到着。20時15分の便を予定していたので、出発まで豚丼を食べました。

土曜の20時15分、帯広空港発の便はすごく空いてます。ゆっくりと夜景を楽しみながら羽田に22時頃羽田に着きました♡