つわりのピークです。ぴえん。

妊娠10週に入りました。10w3dです。7~9週がつわりのピークでした。今は、6週のときくらいに戻りました。8~9週はほぼ寝てました。横になってても、テレビがつまらないと辛かった。何かに夢中になりたい。つわりを忘れるくらい面白いものを見たい。

ただ、このつわりのピーク中ってなぜこんなにやることが盛りだくさんなのか…。

つわりピークで命がけでもらいにいく母子手帳

ちょうど8週目に入るところで、ベビちゃんの心拍数が確認できたので、母子手帳をもらいにいくことに。梅雨にもさしかかり、とても蒸し暑い日でした。コロナの影響でマスクも外せないので、くらくらしながら健康センターに母子手帳をもらいに行きました。

母子手帳は、本人確認書類があればもらうことができます。マイナンバーを求められるところもあるそうですが、品川区は今持ってません、と言えば問題ありませんでした。出産予定日やかかっている病院など、ひととおり記入を終えると、母子手帳他、妊婦健診受診票を一式もらいます。品川区は、区内で使える商品券1万円分(でも近くのコンビニとかイオンは対象外だった)をお祝いしてくれます。

カロリーメイトで命をつなぐ3回目健診

9週目スタート。空腹が恐怖。朝9時に健診です。この日は、今まで受けてたクリニックに紹介状を書いてもらい、分娩の仮予約をした東京品川病院でのはじめての健診でした。仮予約というのは個人的その予定、というだけで、そういう制度があるわけじゃないです。なぜなら、9月には千葉に引っ越すことになっているのです。

分娩の相談は、助産師さんとのお話しでするんですが、千葉に引っ越し予定で、まだ東京で産むか、千葉で産むかまだわからない、と言ったら割と形相変えて「次回までに、希望の病院に予約状況を確認して決めてきて」と言われました。

話それましたが、この日は血液検査で5本血を抜かれるし、健診はめちゃくちゃ待つので、合計3時間かかりました。カロリーメイトを持っておいてよかった。カロリーメイトをこそこそ食べて、ウェットティッシュで手を拭いて、ジップロックにごみを入れておく。地味におすすめです。

「誰か手伝ってくれますか?」

品川区でやった助産師さんとの面談でも、東京品川病院でも、「産後、手伝ってくれる人はいますか?」という質問を受けました。まあ東京だったら実家だし、千葉だったらお義母さんということになるのかしら?今はリモートワークの状況なので旦那という選択肢もありました。

直旦那さん(笑)に相談して、リモートワークが来年まで続くようなら手伝うし、そうでなくても1週間は休みをもらって一緒に育児をしてみよう、ということになりました。もしそれで私がひとりでは難しそうであれば、実家を頼ろうかなと。

10週に入り、朝の目覚めが変わり。

妊娠10週に入り、朝の気持ち悪さというのがあまりなくなりました。あんまりだらだらして空腹がひどくなると危険ですが、納豆ご飯が食べられるようになりました。やっとまともな食事。。

調子に乗って1キロ散歩したらへとへと。無理はだめですね。そろそろブラジャー問題が。アンダーがきつくなってきた…え、そっち!?って感じなんですが、絶賛ブラジャー選択中です。

この記事を書いた人

ami
amiファッション・旅行・通販が好きです。
結婚・離婚を経て、現在妊娠中です。自分の記録のためのブログですが、同年代のライフスタイルの「選び方」のヒントになるようなレビューサイトになったらいいな。
タイトルとURLをコピーしました